前へ
次へ

子育てにおいて夜泣きが続くときはどうするか

人は言葉をしゃべることができますが、生まれてすぐ話せるわけではありません。
生まれた当初はまず話すことができませんし、言葉自体を知りません。
そのため何かを知らせようとするときは泣いて知らせてきます。
泣いているからと言って常に悲しんでいるわけではありません。
成長するにつれて話などができるようになるので泣いて知らせることはありませんが、話せない間はそれなりに泣くことになるので子育てにおいては子供からの重要なサインを見逃さないようにしましょう。
日中において泣くときは親も起きているので対処ができますが、子育てで困るのが夜泣きになるでしょう。
通常夜は寝て昼間の疲れを取らないといけませんが、夜泣きがひどいと親が夜に寝られず生活が辛くなるときもあります。
夜泣きが続くときにはいかに昼間に疲れさせるかがポイントになります。
生まれてすぐはあまり外に出さないでしょうが、ある程度大きくなったら外に出すようにして外の様子を見せるようにしましょう。
それだけで疲れてくれて夜もしっかり寝るようになります。

Page Top