前へ
次へ

長い子育ての果てに掴んだこと

長い間子育てをしてみて今やっと理解できたことは、子育ては難しいということです。
今の世の中は学校の試験の点数による評価社会です。
大学入試になどもその一つです。
つまり競争社会ですから試験で少しでも良い点を取った方が勝ちなのです。
本当にそうなのでしょうか。
実はそうではありません。
試験でいくら良い成績を取れたとしても、人格的に劣っておればそれは評価の対象から外すべきなのです。
試験の成績よりも大切なことは、他人に対する思いやりとか、両親に対する思いやりとか、おじいちゃんおばあちゃんに対する思いやりとかそういった類のものなのです。
試験の成績至上主義が与える悪影響は計り知れません。
日本もそろそろその流れを切り替える時期にさしかかって来ています。
大学入試でもただ入学試験で高い成績を取れた人を入学させるのでなくて、人間としての総合的な判断をしてくれるようなシステムを開発すべきです。
実際にアメリカではそのようなシステムを導入しています。
面接がその一番大切な要素となっています。

Page Top