前へ
次へ

子育てにおいてよだれの多さが気になるとき

赤ちゃんの子育てにおいて欠かせないのがよだれかけになります。
出産祝いなどでもたくさんもらったりするので使うことも多いでしょう。
大人がよだれを垂らすことはあまりありませんが、酔っていて口元のコントロールがしにくい時などに出てしまうことがあります。
子供も成長してくると徐々に口元のコントロールができるようになるので、大きく成れば徐々によだれは止まるようになります。
よだれがなくなればよだれかけを外してもいいでしょう。
子育てをするときには子供のよだれの状態が気になることがあり、同じくらいの子がよだれかけを外しているのにまだ必要な時は気になるかも知れません。
よだれは唾液が垂れて出てしまうもので、大きくなればきちんと飲み込んで口の外に出さなくなります。
歯などの形成が遅い時などは、周りの子に比べてよだれが出る期間が長くなるときもあるようです。
保育園などに預けると周りの子たちの様子を見るからか、徐々に止まるようになるかもしれません。

Page Top